ISO14001内部監査員養成講座

本講座は2015年版規格要求事項についてわかりやすく解説した講座です。実践的な講義と事例に基づいたケース・スタディー及びロール・プレー演習により、内部環境監査員としての必要な知識と技能を取得することを目指します。また、理解度を確認し、受講者全員に修了証を授与いたします。

引き続き下記の感染予防対策を行います。
●受講生の人数や席の配置、換気に十分配慮いたします。
●講師や事務局担当者はマスクを着用して対応いたします。
●研修室には、ご受講者用に消毒液をご用意いたします。
●休憩の際にはドアの開閉による換気に努めます。
●グループワークに際しては、飛沫防止のためアクリルパーテーションを設置します。
※なお受講人数については、今後の感染症拡大の動向などにより変更になる場合があります。

また、ご受講者様にも「感染症予防に対するご協力のお願い」について、ご理解とご協力いただきますようお願いいたします。

感染症の拡大等の状況により、講座を中断、開催中止させていただく場合がございます。中止の際は、本ウェブページ上に記載します。また、お申込みされた方にはメール・電話などでご連絡いたします。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

以上

日程<令和3年度>
令和3年5月13日 (木曜日)・14日(金曜日) 9時から17時まで 2回/全14時間
令和3年9月16日 (木曜日)・17日(金曜日) 9時から17時まで 2回/全14時間
令和3年12月9日(木曜日)・10日(金曜日) 9時から17時まで 2回/全14時間
令和4年3月10日 (木曜日)・11日(金曜日) 9時から17時まで 2回/全14時間
会場

川崎市産業振興会館9階第2研修室

講師

令和3年4月以降については現在調整中

対象者

内部監査員の候補者、EMS構築責任者・担当者、工場・事業所の環境管理担当者

定員

24名(申し込み順)

締切

*定員になり次第、締め切ります。

受講料

1名25,000円 テキスト代、消費税を含みます。※NFT会員は5,000円引きとなります。新分野・新技術支援研究会(NFT)

  • 最終の出席確認を講座開催の1週間前まで行います。その後、受講票と請求書を郵送します。
  • 受講料は請求書に記載された口座へ指定期日までにお振込みをお願いします。
  • 振込後に受講をキャンセルされる場合は、キャンセル料をいただく場合があります。
カリキュラム

第1日目

  • ISO14001規格の説明と要求事項の確認
  • 監査の役割とサイクル
  • チェックリストの作成(個人演習)と演習結果の発表・検討

第2日目

  • 監査の実施と評価
  • 不適合の表明
  • 監査の実施(監査発見事項の検討・監査ロールプレー)
  • チーム内会議(是正処置要求書の作成)
  • 演習結果の発表・検討
  • 理解度の確認(小テスト)
申込み方法など
  • ISO内部監査員養成講座の開催・中止の決定は、開催日一週間前までにご連絡いたします。
  • 申し込み人数が定員に達しない場合は、中止の可能性があります。
  • メールの件名には必ず、「ISO14001内部監査員養成講座」をご記入ください。
  • メール送信後3日を過ぎても返信メール等がない場合は、お手数ですが下記問い合わせ電話まで、お問い合わせください。
  • 市外、県外企業の方でもご受講可能です。

E-mailの場合

以下の項目をご記入の上、次のアドレス宛にお申込ください。
【E-mail】iso*kawasaki-net.ne.jp *はアットマークをあらわします。

  • 種別:ISO14001
  • 希望日程:
  • 郵便番号:
  • 住所:
  • 会社名:
  • 電話番号:
  • 部署名・役職名:
  • 氏名:
  • 内部監査員経験: なし・あり(品質・環境   年)
  • 担当者とメールアドレス:(受付確認のメールを受信してくださる方)

内部監査員の経験有無は、講座演習でのグループ分け時に参考情報等として活用いたします。
講座時にも確認しますが、事前にお分かりになる場合はお知らせください。

FAXの場合

ISO14001内部監査員養成講座の申込書(令和3年度)に必要事項をご記入の上、次の番号宛にお申込ください。

【FAX】044-548-4110

川崎市産業振興会館
トップへ戻る